間違った車の売り方と正しい車の売り方

埼玉で廃車を高く売るには

すでに下取査定や買取価格が廃車(0円)という評価の結果が出た場合、それはズバリ査定をしてもらう業者や地域が間違っています

 

例えば、外車のディーラに国産の軽自動車を査定してもらいに行っても、おそらく見向きもされないでしょう。

 

また、沖縄県と北海道では売れる車が異なり、査定金額も大幅に変わります。

 

同じように、年式が古い、走行距離が多い、事故や故障で動かない車は中古車販売店やディーラーで下取りしてもらっても0円評価となります。

 

つまり、商品価値がないと判断されれば査定すらしてもらえず、即答で廃車扱いされます。

 

本当にこの車は売れないのかな~?

壊れているから廃車してもらおう

 

廃車の費用が3万円もかかるのか・・・

そこで、すでに『予想以下の査定結果を受けて廃車をお考えの人』や『思い込みで廃車をお考えの人』に車を高く売る方法と手順を解説していきましょう。

 

ポイント①・・・査定をしてもらう前に相場を知っておく。

 

相場を知っておくことで、希望金額の設定が出来ます。買取業者に無茶な金額を提示すると『これ以上の話はできない』と判断されかねません。相場よりも10万円ほど上から交渉すと良いでしょう。

ポイント②・・・複数の大手買取業者に査定してもらう

 

地元や近隣のディーラーや中古車販売店はその地域の相場で査定価格を出します。しかし、全国的にはその車を欲しがっているお客さんがいるかもしれません。大手ならではのネットワークと査定方法で複数の大手買取業者を競合させましょう。

ポイント③・・・専門の業者を選ぶ

 

国内で人気がなくても、海外で人気がある日本車はたくさんあります。それは年式が古くても、走行距離が多くても、事故や故障で動かなくても関係ありません。平成元年式のカローラなんて驚くほど値が付くこともあるんです。

埼玉で車を高く売る手順

以上のように、廃車と評価されても正しい手順を踏むだけで大幅に査定金額が変わります。

相場を知っておく

車の相場を知る方法として【車査定・買取の窓口見積もり】というサイトをおすすめします。

 

複数の業者より査定結果を集計し、最高金額を提示した1社のみを厳選し、その金額をお知らせするというサイトです。

 

何社からもジャンジャン電話が入るわけではありませんので相場を知りたい場合にオススメです。

 

 

大手買取業者で競合させる

全国的に展開している大手買取業者のみが参入している【カービュー】で査定価格を競合させます。

 

地元の業者からの査定価格と全国的の査定価格がここで比較できます。『○○県にお客さんがいます!』という情報も大手だから出来ることです。

 

また、これらの業者はお客さんの情報だけでなく、オートオークションと提携しているため情報量はハンパではありません。

 

carview

 

海外の輸出価格を知る

主に、海外へ輸出をしている【カーネクスト】は年式が古い、走行距離が多い、事故や故障で動かない車をメインに買取しています。

 

もちろん買取保証つき(0円査定はありません)。動かない車でも無料でレッカー引き取りしてくれます。事務手数料もタダでしてくれます。

 

廃車するのにお金が掛かる時代はとっくに終わっているんです。

 

 

 

まとめ

大きく分けて3つの業者から、多くの人は地元買取業者のみ査定をしてもらい、他県や海外でもっと高く売れることを知らずに売却している人がほとんどなのです。

 

 

上記のポイントを踏まえ、3つのサイトから相場を調べるだけで、簡単に最高金額を叩き出すことは出来るんです。

それぞれが違う査定方法と相場情報を持っているため地元⇒全国⇒海外という査定の手順を取れば必ず今までの査定評価より満足いくはずです。

 

そして私が厳選した3つのサイトであれば、しつこい営業や電話などは無い為、女性の方でも気軽に利用できるはずです。ぜひ利用してみてください!

 

 

近年の交通事故と対処法

車を所有していると交通事故などトラブルはつきものです。いくら運転に自信があっても、もらい事故による交通事故も少なくありません。それが10:0で相手側に過失があればまだマシなのですが、停車中に後ろからドンとやられない限り10:0という過失割合は出ないと思っておいたほうがよいでしょう。。。

 

また独り相撲での事故も近年多発しています。増加の原因に高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違いやスマホを見ながらの事故。ニュースでもよく見かけますね。。。しかし、これらは決して他人ごとではありません。それらの事故により巻き込まれる被害者の存在を忘れてはいけません。

 

自動車所有台数が高い埼玉県では当然のように交通事故率も比例します。最も重要なのは交通事故を起こしてからの対処法です。交通事故を起こした後は加害者、被害者ともパニックに陥り冷静な判断が困難な状況にあるのが現状です。

 

 

そこで間違った対処法を例に挙げてみましょう。

 

①当事者同士で示談する。
これは絶対にしないことです!!後々金銭トラブルになる原因です。必ず警察を呼んで事故処理をしてもらいましょう。

 

②警察官は事故処理をするだけ。
警察官を呼んで事故処理してもらうだけで解決になっていません。解決するには保険会社同士の話し合いが第一です。必ず相手の情報も聞いておきましょう。

 

③余計なことは言わない。

事故当初、自分が悪いと思っても素直に謝ったり、できない約束をしないことです。下手に言うと録音されている可能性があり、後々不利になります。

 

④レッカー移動は保険会社またはJAFを使うこと。
闇レッカーの存在をご存知でしょうか。これらの業者は常に無線で事故状況をキャッチしており、いち早く事故現場へ駆けつけレッカー移動しようとします。そのレッカー費用や保管費用はどんでもなく高いのです。絶対にレッカーは自分で呼びましょう。

 

保険会社による事故解決

任意保険はもちろん加入していますよね??加入していなければ即加入しましょう!

 

さて、事故後は保険会社での話し合いになります。ここでほとんどのケースは過失割合で話し合いが一時的にストップします。当然ながら当事者同士は少しでも過失を少なくしようと自分に都合の良い話しかしませんからね。

 

そういったことから、近年では過去の事例を基に過失割合を算出します。例え納得いかなくてもほぼその割合にて決定していくでしょう。そこで、非常に役に立つ保険特約が弁護士特約です。こういったトラブルが多いせいか現在では無条件についている保険会社も多いのが現状です。裁判まで行くケースは少なくありませんが、こちらの分が悪くても過失の軽減につながり非常に大きな存在となります。

 

また、代車特約というのも役に立ちます。事故による修理を出す際に代車が必要となります。その代車費用を保険会社が負担してくれる大変便利な特約です。ズルイことを言えば代車を借りずにその費用だけいただいてポケットに入れちゃうなんて人がいるとかいないとか。。。

 

とはいえ、事故を起こさないのが大前提になりますので、保険加入やロードサービスの加入、弁護士特約などトラブルを解決できるよう準備をしておいたほうがいいと言えますね。

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ